魅力的なボディ

判断基準は様々

美しさとはなにかという問いは哲学的な分野にまで発展します。人知をかけ離れたところで発生する美もあり、例えば宇宙で星雲が生まれる様子など、それも確実に美しいと表現することができるのです。また、今は美しいという基準で語られるものであっても、昔は美しくないとされたものもあります。これは昔の文献や資料を見れば分かることで、日本ではかぎ鼻で細い目、頬が豊かで色白な人が美しさの象徴でしたが、今は西洋的な目鼻立ちの方が「美しい」とされています。このように、私達は生活する中で「美しい」とそうではないものについてジャッジし、分類しているものですが、その判断基準は時代の判断基準、もっと狭くいえば私達がいきている生活範囲内で通用している基準でしか通用していないものであるともいえるのです。一ついえることは、美しさは多様だということであり、一つの点だけでジャッジしないというやり方もあるのです。例えば一つ一つのパーツは「普通」の人であっても、それが均整が完璧にとれていれば人の目を惹き、美的感覚を想起させることができるということなのです。顔立ちのみならずプロポーションについても同じことがいえます。バストアップしたいというのは女性にとって共通の悩みですが、同時に形が良い胸になりたいという人もいます。ただ胸が大きいだけではなく、全体として形が整っていれば余計に美しさを際立たせることができるためです。

総合的に判断する

胸は女性にとっては特別な部位です。これは男性には無い器官であるために、女性の美しさを象徴するものともなっています。女性の体は男性とくらべてホルモンバランスの関係で柔らかな曲線で構成されていることがほとんどです。ボディビルディングをする人であればその柔らかな体質は筋肉をつけるために邪魔となる場合もあるので、ボディビルダーの女性達は大会のためにホルモンをコントロールするともいわれています。そうすれば筋肉がつきやすい体になるということなのですが、このようにもともと体質的に脂肪がつきにくい女性もいます。全ての女性が豊かな乳房をもっているわけではなく、小さい胸の人はバストアップをしたいと悩んでいる人が多いのです。それもある視点からみるとバランスがとれているということもいえます。スーパーモデルといわれる人々は痩せて細長い体型を持つ人が多いので、かえって胸が小さくても良いといえます。それは全体的な体のバランスによるものです。体型によって胸の小さい、大きいが気になるものなので、やはり目を惹く素晴らしい体型にするためには全体的なバランスも考えてやはりバストアップをした方が良いということもあります。周囲の情報に惑わされるのではなく、自分で冷静に判断することが大切です。

Copyright(c) 2015 バストアップは魅惑ボディを作り出すための第一歩. All Rights Reserved. Design by Cloud template